クロハラアジサシ



2012年6月16日 愛知市西尾市にて撮影

分類 チドリ目カモメ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 クロハラアジサシ(黒腹鯵刺)
種の学名(英名) Chlidonias hybridus (Whiskered Tern )
全長 L23-29cm
鳴き声 キョッ キョッやケー ケーと鳴く。
分布 日本では旅鳥として春から夏にかけて少数が見られる。
特徴 オス

夏羽:過眼線部分から頭までが黒い。 頬は白く、胸、腹、背、翼は灰色から黒色。 嘴と足は暗い赤色である。
冬羽:頭から腹は白くなる。後頭と目の後方に黒斑がある。 嘴と足は黒い。

メス 雌雄同色。
名の由来 お腹が黒いアジサシ類。
備考





























2012年6月17日 愛知市西尾市にて撮影















2012年6月16日 愛知市西尾市にて撮影