ライチョウ



2012年7月29日 富山県 立山室堂平にて撮影

分類 キジ目ライチョウ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 ライチョウ(雷鳥)
種の学名(英名) Lagopus muta (Rock Ptarmigan )
全長 L37cm
鳴き声 ゲェー、ゴァーと鳴く。
分布 本州中部地方の山岳地帯に、氷河期の遺存種として少数が生存する。
特徴 オス

夏羽:頭から背、胸にかけて黒褐色で黒斑がある。腹と翼は白で、尾は黒く、目の上に赤い肉冠がある。
冬羽:全身白く、目の上が赤く、目の近くと尾が黒い。

メス 夏羽:黄褐色で黒と白の横斑がある。腹と翼は白く、尾は黒い。
冬羽:全身白く、尾が黒い。
名の由来 雷鳴るような空模様で活発に活動することが名前の由来と言われている。 しかしこれは後付けらしい。
備考 残念ながら♀にしか会えませんでした。











2012年7月29日 富山県 立山室堂平にて撮影