オオモズ



2013年1月20日 島根県出雲市 斐伊川河口付近にて撮影

分類 スズメ目モズ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 オオモズ(大百舌)
種の学名(英名) Lanius excubitor (Great Grey Shrike )
全長 L24cm
鳴き声
分布 日本への冬鳥・旅鳥として飛来するが数は少ない。 北海道・東北に多い。
特徴 オス

頭上から背中は灰色で、腰は白く、尾は黒い。 翼は黒く、初列風切に白斑がある。
眉斑は白く通眼線は黒い。 幼鳥は全体に灰褐色である。

メス 雌雄同色。
名の由来 大きなモズ類。
備考 幼鳥ですね。











2013年2月10日 島根県出雲市 斐伊川河口付近にて撮影







2013年1月20日 島根県出雲市 斐伊川河口付近にて撮影