ハシブトウミガラス



2012年12月23日 北海道斜里町 知布泊漁港にて撮影

分類 チドリ目ウミスズメ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 ハシブトウミガラス(嘴太海烏)
種の学名(英名) Uria lomvia (Brunnich's guillemot)
全長 L45cm
鳴き声 高い声でクアアアアアと鳴く。
分布 冬鳥として北日本の海上に飛来する。
特徴 オス

夏羽は背が黒く腹が白い。 冬羽ではのどのあたりまで白くなる。
ウミガラスによく似ているが、クチバシの根もとに白い線が入ること、夏羽の喉元に白い羽毛が∧字に切れこむこと、
冬羽でも顔がほとんど黒いことなどで区別できる。

メス 雌雄同色。
名の由来 クチバシの太いウミガラス類。
備考





左:ハシブトウミガラス 右:ウミガラス

2012年12月23日 北海道斜里町 知布泊漁港にて撮影