キマユムシクイ



2013年5月12日 石川県輪島市 舳倉島にて撮影

分類 スズメ目ムシクイ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 キマユムシクイ(黄眉虫喰)
種の学名(英名) Phylloscopus inornatus (Yellow-browed Warbler )
全長 L10.5cm
鳴き声 チュイ、チュイと鳴く。
分布 日本には旅鳥として、主に日本海側の島嶼部で春の渡りの時期に見られることが多い。
特徴 オス

体の上面は黄緑色で下面は少し黄色がかった白色である。 眉斑は黄色味を帯びた白である。

メス 雌雄同色
名の由来 眉斑の色が黄色いムシクイ類。(ただしわかりにくい)
備考









2013年5月26日 石川県輪島市 舳倉島にて撮影





2013年5月12日 石川県輪島市 舳倉島にて撮影