カラスバト



2013年6月16日 沖縄県石垣島市 大野山林にて撮影

分類 ハト目ハト科 見られる時期

10 11 12
標準和名 カラスバト(烏鳩)
種の学名(英名) Columba janthina(Japanese Wood pigeon )
全長 L40cm
鳴き声 グルルル、ウ−ゥウ−ゥと鳴く。
分布 留鳥として、本州中部以南の島嶼に分布。。
特徴 オス

頭部は小さく、尾羽はやや長い。 全身は光沢のある黒い羽毛で被われる。 上嘴を覆う肉質(蝋膜)は小さい。
嘴の先端は淡黄色。 

メス 雌雄同色。
名の由来 カラスのように黒いハト類。
備考











2013年6月16日 沖縄県石垣島市 大野山林にて撮影