コノハズク(亜種 リュウキュウコノハズク)



2013年6月16日 沖縄県石垣島市 大野山林にて撮影

分類 フクロウ目フクロウ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 リュウキュウコノハズク(琉球木葉木菟)
種の学名(英名) Otus elegans(Ryukyu Scops Owl )
全長 L22cm
鳴き声 コホー コホーと鳴く。
分布 奄美大島以南で留鳥。
特徴 オス

上面は灰褐色の羽毛で覆われ、下面は淡い赤褐色の羽毛で覆われ、細くて短い縦縞が入る。
頭部や胸部の羽毛は赤褐色みを帯びる。 頭部には小型の耳介状の羽毛(羽角)がある。
全身には黒褐色の虫食い状の斑紋が入る。 紅彩は黄色。

メス 雌雄同色。
名の由来 琉球地方に生息するコノハズク。
備考











2013年6月16日 沖縄県石垣島市 大野山林にて撮影