サバンナシトド



2013年12月26日 静岡県袋井市にて撮影

分類 スズメ目ホオジロ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 サバンナシトド(サバンナ鵐)
種の学名(英名)

Passerculus sandwichensis (Savannah Sparrow )

全長 L14cm
鳴き声 地鳴きはヂッヂッと鳴く。
分布 日本には希に冬に飛来する。
特徴 オス

眉斑は白〜黄色まで個体差がある。 淡褐色の頬は側頭線と同じ黒褐色で縁どられている。
背は茶色で黒い縦斑に数本の白斑が混じり、下面は白く、胸には縦斑がある。 嘴はピンク。

メス 雌雄同色
名の由来 ホオジロの古語がシトド。 サバンナはアメリカの都市名。
北米大陸に主に生息するホオジロ類ということか。
備考









2013年12月26日 静岡県袋井市にて撮影