三重県鳥羽市 海香イカダ釣り

釣り日 2007年7月7日 5:00 〜 18:00 (13時間)
潮データ 小潮 干潮 4:43 〜 満潮 10:30 〜 干潮 16:34 日の出 4:45
天候 雨のち曇り 水温 21〜22℃
釣り場所 三重県鳥羽市 海香イカダ
アケミ貝、オキアミ、サナギ
釣果 コノシロ、木っ端グレ、ウミタナゴ、フグ等 数匹
同行者
(イダコ)
黒鯛      24cm    1匹
ボラ      50cm    1匹
 他、ヒガンフグ、ベラ等 数匹

 

 海香に到着したのが午前1時過ぎ。 釣り道具を船に乗せて、さあ仮眠をしようと思った途端雨が強く降り始めた。 
 ここ数年は小雨程度の雨はあっても、強い雨の中での釣りはしていなかったが、さすがに今日の釣りはダメみたいだ。 でも天気予報では曇りになっていたのに・・・。

 出船の時間になっても雨は止まなかった。 まあしょうがないか、と諦めモードになる。 諦めてしまえば、雨天の方が釣れるかもという淡い期待も出て来る。

 それでもラッキーなことに屋根付きのイカダに乗せてもらった。 ラッキーとは思ったが、このイカダって五目イカダじゃないか。 うーん、どっちもどっちか。 

 早速仕掛けをセットして、まずはそのままボケを付けて投入する。 しかしいきなり小さなエサ取りのアタリがある。 こりゃダメだ。
 潮の流れも速く、1.5号の錘もあっという間にイカダの下へと流される。 すると根掛かりする。 無理に引っ張ると外れて、ハリに海草が付いて来る。 イカダの下辺りにはたくさん藻が生えているようだ。 その証拠にエサ取りがメバル、ベラなどが上がって来た。 これは五目イカダというのもうなづける。

 なんとなく釣れる気がしなくなって来たので、五目釣りに徹してやるとメバル胴付き仕掛けを出して来てオキアミのエサを付けて入れてみる。
 すると色んな魚が釣れて来た。 メバル、ウミタナゴ、コノシロ、フグ、等。
 結構楽しいのだが、釣れて来る魚のサイズが微妙である。


 朝飯タイム。 二人で弁当を食べていると、僕の置き竿にアタリが来る。 ゴンゴンとアタリがあった次に瞬間、竿尻が引っくり返るように海の中へと引きずりこまれて行ってしまった。 
 あー僕の竿が・・・。 まあ、たぶんボラなんだろうと思うけど、逃した魚がでかいし、気になる。
 竿が無くなってしまったので、イダコから竿を借りて胴付き仕掛けを再び入れる。

 その後も胴付き仕掛けの方には適度に何か魚が釣れて来て飽きないのだが、肝心の本命竿には小さなエサ取りのアタリしかない。 
 たぶん黒鯛は居ないのだろう。

 ・・・と思ったら、イダコが釣ってしまった。 あきらかにエサ取りとは違う強いアタリに乗って来たのは24cmの黒鯛だった。 久しぶりに釣った黒鯛に嬉しそうだった。
 こうなるとちょっとだけ気合が入るが、相変わらずエサ取りのアタリだらけで、すぐにやる気が失せる。

 ところで、雨の中での釣りを始めるとすぐに合羽の中にまで雨が染みてきて、すぐに全身びしょ濡れになってしまった。
 よくみると合羽の下が股の所が50cmほど破れているではないか。 これでは染みて来るのは当然だろう。 おまけに長靴も大きな穴が両方とも開いていて、靴下もびしょ濡れ状態である。
 全身びしょ濡れになってしまったので、寒くなって来た。

 午後になり雨が上がり、時折太陽も姿を見せてくれるようになった。 合羽を脱いで服が乾くのを待つ。
 1時間昼寝。

 結局最終便の午後6時まで頑張ったが、黒鯛も釣れないし、自己記録更新も出来なかった。
 久しぶりのイカダも惨敗に終わる。

 帰りに鳥羽市内で、『海鮮釜めし』なる物を食べたが、大して美味しくも無かった。

イダコが黒鯛を釣りました
イダコの釣果 ボラ、黒鯛、フグ、ベラ、他
ださぼうの釣果 コノシロ、ウミタナゴ、木っ端グレ、他