三重県鳥羽市 海香イカダ釣り

釣り日 2007年8月18日 5:30 〜 5:00 (11時間半)
潮データ 中潮 満潮 8:50 〜 干潮 14:40 日の出 5:14
釣り場所 三重県鳥羽市 海香イカダ
アケミ貝、オキアミ、サナギ
釣果 マアジ      18cm前後  13匹
アイゴ     28〜34cm    3匹
 他、クサフグ、チャリコ、ヒイラギ等 数匹
同行者
(イダコ)
ボラ      50cm前後    4匹
アイゴ       34cm     1匹
サヨリ       35cm     1匹
マダコ       700g    1ハイ
 他、クサフグ、チャリコ等 数匹

 

 本年2回目のイカダです。
 不思議と全く釣れる気はしないですが、ひょっとしてなどとも考えます。 さて、どうなりますやら。

 まずは団子を使わずに、オキアミの餌で探ってみる。 いきなり小さなアタリに上がって来たのはアジだった。 再びオキアミで探ると、ゴツゴツと強いアタリが来た。 クロダイか??? ・・・上がって来たのはアイゴでした。
 隣でイダコにも…デカイ奴が乗る!が、しかし、数秒後に鈎外れ(>_<)
あれはクロダイだった!とイダコは言うが、どうなんでしょう? 

そして朝食を取る!

 朝食後はもちろん眠る。 
 寝ているの間にイダコはボラを釣ったらしい。
 そして今度は私の竿に何か釣れた! 「釣れとる!!」とイダコが叫んでいる! びっくりして起き上がる。 釣れたのはアイゴでした。

 アジとアイゴしか釣れないので、今回も必殺の胴突きメバル2本鈎仕掛けを出して釣り始める!

 たまに何かデカイ奴が釣れるが、竿が柔らかく中々魚が上がって来ないのと、イカダの下に入られて2.5号のハリスを切って行く! たぶんボラでしょう。

 イダコがタコを釣り上げる。 相当重そうにゆっくりと上げて来ると何とタコが貝の付いた石を抱いていた!だからメッチャ重たかったのだ! タコも直ぐにクーラーボックス行きです。 
 後で、タコが抱いていた石をよく見ると、石の表面にびっしりと黄色い卵が付いていた。 だからタコは大事に抱えていたのだろう。 初めて見た。

 団子を落とすと表面にはコノシロの群れがやって来る。 銀色の体がヒラを打ち、キラッ、キラッと輝く。
 そんな中、細長い魚が回ってきた。 サヨリである。 オキアミの餌で狙ってみると、イダコが1匹サヨリを釣り上げた。 それきり回って来ませんでした。 おバカなサヨリが1匹釣れただけでした。

 隣の筏のファミリーが帰って行くと、アジが回って来て入れ食いモードに突入した!
 イダコはたまにボラと遊んでる! 最後に釣ったボラのアタリは竿先が揺れるアタリだったので、黒鯛か?と、思ったがやっぱりボラでした。

 そして、今回も黒鯛の顔を見ることなく、午後5時に納竿する。

一緒に上がって来たカセの人は黒鯛を9匹も釣っていました。

アイゴが釣れました
タコです!
イダコに釣られたおバカなサヨリ