三重県鳥羽市 安楽島漁港 投げ釣り

釣り日 2008年4月26日 2:30 〜 4月26日 9:00 (6時間半)
潮データ 中潮 気温 8〜11℃ 水温 14℃
釣り場所 三重県鳥羽市 安楽島漁港
本虫、青虫、 ボケ
釣果
ださぼう
アナゴ    30cm前後   2匹
イダコ
セイゴ    33cm   1匹
アナゴ    30cm   1匹


 いつもの釣りエサ屋で青虫、本虫、ボケを購入して現地へ。

 2008年度の初釣行である。 昨年から投げ釣りに凝り始めた私の初釣行は、やっぱり投げ釣りである。 場所は昨年末にちょとだけ楽しい思いをさせて頂いた三重県鳥羽市の小さな港。 
 一応狙いは花見(ちょっと遅い)カレイである。 さて、この時期に良い釣果があった事が無いのだが・・・今回はどうなることでしょう?
 
 午前2時半に釣りを開始。 イダコの方が先に釣りを始める。 僕が1本目の竿を出して2本目の準備をしていた時に、イダコの竿に大きなアタリが来た。 上げてみると予想通り『セイゴ』だった。 前回来た時も全く同じタイミングでセイゴが釣れたっけ! 実測33cmである。
 こりゃあ今日も大漁か? と意気込む。

 その30分後に私の竿に小さなアタリ。 このアタリは・・・と思ったら、やはり『アナゴ』でした。 春でもアナゴが釣れるのかな?という話をしていた直後でした。

 さらに30分後、又『アナゴ』が釣れた。 しかし小さい!

 その後、全くアタリが無くなってしまった。 しかも寒い! 春だからとバカにしていたら、結構寒くて、しかも全然釣れないものだから、ちょっと気持ちが萎えて来てしまった。

 久しぶりにイダコの竿に大きなアタリがあったのだが、すっぽ抜けてしまったようでハズレ!

 さらにアタリが無い時間を過ごし、もう我慢できずに車に戻り、近くの自動販売機まで行って暖かい缶コーヒーを買って来る。

 再び釣り座に戻る。
 イダコに小さなアタリが来て、『アナゴ』が釣れる。

 私はもう我慢が出来ずに一人車に戻り仮眠を取り始める。
 暫くすると雨が降り始めた。 と同時にイダコが荷物を抱えて戻って来た。 雨が降りそうだったのであわてて荷物を回収して来たとのこと。
 そのまま車の中で二人とも眠りに入る。

 目を覚ますと雨が止んでいた。 釣り座に戻る。 しかし、その後も釣れるのはヒトデばかり。
 イダコに『テカミハゼ』『メゴチ』が一荷で釣れたところで納竿とする。

 納竿と決めて片付け始めた直後に雨が降り始めた。 あわてて車に戻る。 イダコはずぶ濡れになってしまった。

 午前9時に釣りを終了してしまったので、時間が余ってしまった。
 帰りは二見へ出て『夫婦岩』『二見シーパラダイス』を見学して、『鈴木水産』で食事をする。
 おまかせ定食(アジの刺身、ブリの煮付け、ヒオウギガイの焼き物、アジの味醂干、サラダ、小皿、ご飯)+カンパチの刺身、イカの刺身 二人で3260円也。 美味しかった!

 さてと、後は帰るのみなり。

 毎度のことながら、初釣行で良い思いをした記憶が無い! まあ春の釣りはこういうものか?


 
明け方降った豪雨が止んだ瞬間、その後再び降り始める
最後にイダコに釣れたテカミ(イトヒキハゼ)これで納竿する
本日の釣果 セイゴ 33cm アナゴ 30cm前後