富山県射水市 富山新港 東防波堤釣行

釣り日 2008年8月2日 0:30 〜 8:00 (7時間半)
潮データ  気温 25〜30℃ 水温 ℃ 大潮
釣り場所 富山県射水市 富山新港 東防波堤
青虫、ボケ、アケミ貝
釣果
ださぼう
キジハタ 16、26、28cm   3匹 
シロギス 12、21cm   2匹 
イダコ
キジハタ 16〜24.5cm   4匹 
カサゴ 22cm   1匹 
メゴチ、ハオコゼ、 各1匹、ウミケムシ大漁


 先々週に引き続き、2度目の富山釣行である。 今回は夜の投げ釣りに挑戦。

 富山新港周辺には、夜間営業している釣りエサ屋が無い。 このエサが大問題である。 今回はたまたま一宮に用事で出掛けていたイダコが『フィッシング遊』でボケ、青イソメ、アケミ貝などを買って来てくれていた。 国道8号線高岡町内には『上州屋』と、港近くの個人営業している釣りエサ屋には青虫の自動販売機が設置してあるので、青イソメ、砂イソメ(ゴカイ)は購入出来るが、それ以外のエサは事前に調達して来るしかない。

 富山新港東防波堤のどこで釣りをするか? ポイントもよく解らないので、今回は適当な所で、とくに理由もなく、とりあえず投げてみることにした。 長い防波堤の根元付近である。

 私は4本の竿を出し、イダコは2本の竿を出す。 いつもならこうして仕掛けを順番に投入する間にイダコが何がしか釣るのがジンクスになっているのだが、今回はアタリ無し。
 しばらくしてエサチェックをしようとすると、根掛かりする仕掛けが数本あった。 どうやら敷石がかなり遠くまで入っているようである。

 仕掛けを回収すると、何やら付いている。 『ウミケムシ』である。 今回の釣行はこのウミケムシに苦しめられた。 全部で10匹以上は釣った。 針に刺されないように注意していたが、一度さされて、指に数本の針が刺さってしまった。

 何となくイヤな予感がしはじめる。 今日はひょっとして大ハズレでは・・・。 そう思い始めた、開始から1時間ほど経った頃に、ようやく本日最初のアタリがイダコに来た。 それなりに引いているようで、上がって来たのは『キジハタ』であった。 24.5cm。 
 さらに30分後にはまたイダコに22cmの『カサゴ』が釣れた。

 アタリが遠のいたので、ちょっと防波堤の散策に出る。 私たちが釣り座としたのは防波堤の根元付近だった。 先端まではまだかなり長い堤防である。 今度はもっと先端で投げてみようかと話しながら、先端の灯台まで行って戻って来る
 釣り座に近づくと、イダコの竿に取り付けられたセンサーが鳴っていた。 イダコがあわてて戻り、仕掛けを上げると22cmのキジハタが釣れていた。
 私の竿にも16cmのキジハタが付いている。 リリースサイズだが、本日最初の魚なのでとりあえずスカリに入れておく。

 堤防から10mほどの所に入れておいた竿に大きなアタリが来た。 しかし無常にも根に入られアウト。
 そのアタリのあった同じ場所で再びヒット! 上がって来たのは26cmのキジハタである。 サイズアップだ。
 さらに、同じ場所で28cmのキジハタGETする。 さらにサイズアップである。 30cmオーバーまで後一歩。
 さらに、さらに、三度同じ場所でヒット! あきらかに今までよりも大物の手応え。 確実に30オーバーだと思ったら・・・すっぽ抜けてしまった。 残念! 逃がした魚はデカイ!

 磯竿で探っていたイダコがキジハタを連続してGET。 私には21cmのシロギスが釣れたところで、夜が明けて来た。 夜明けとともにエサ取りが出て来てエサがあっという間になくなるようになってしまった。 そろそろ終了か。

 イダコが堤防の反対側のテトラから投げ始めた。 その途端小さなアタリが何回かあった後、竿をひったくるような強いアタリ。 重そうにリールを巻いていたが、途中でバレてしまった。 こちらも残念!
 キスか何かが最初に掛かり、それを大きな魚が食ったようである。
 少し外側で遊ぶと、イダコがメゴチを釣った。
 太陽が上がって来ると途端に暑くなって来たので、午前8時に納竿とする。

 それにしても、ここはキジハタの宝庫のような場所であった。
ウミケムシ こいつが大漁でした 触ると刺されます
イダコの最初の獲物 キジハタ 24.5cm
イダコに釣れた カサゴ 22cm
ださぼう キジハタ 28cm 本日の最長寸
2人の釣果(キジハタ、カサゴ、シロギス)