三重県鳥羽市 フェリー岸壁投げ釣行

釣り日 2009年12月27日 1:00 〜 10:00 (9時間)
潮データ 中潮 気温4℃ 水温 12℃
釣り場所 フェリー乗り場岸壁
青虫・本虫
釣果
ださぼう
マコガレイ     .  22cm      1匹
セイゴ 20、32cm 2匹
メゴチ 20、26cm 2匹
イダコ
マコガレイ     .  22cm      1匹
セイゴ 20cm前後 3匹
アナゴ 35cm 1匹
ハゼ、メゴチ、テカミ等


  『えさ吉』で青虫・本虫・ボケを仕入れて、人間の餌も仕入れて、目的の『小浜漁港』に行ってみた。 外に出てビックリ! 風がビュービューと吹いているのだ。 2週連続の強風である。 とても投げ釣りが出来そうに無いので、今回も『ファリー岸壁』に行ってみる。 ここも先週よりは風があるようだ。 だが、釣りが出来ないほどではない。
 ちょっと悩んだ末、とりあえずここで竿を出すことにする。

 とりあえず竿を2本ずつ出して様子を見る。 すぐにイダコにアタリがあり、新子のセイゴが釣れた。 私にもアタリがあり、ハゼが釣れた。 さらにイダコにセイゴ、私にハゼが釣れる。 この棲み分けは何で?

 寒くなって来たので車内からアタリを見る。 車内でウトウトしながら、フと自分の竿を見ると、大きなアタリがあった。 上がって来たのは2歳のセイゴ、32cmであった。 一応居るんだな。

 お腹が空いたのでラーメンを作って食べようと思ったら、ちょうど屋台のラーメン屋が来た。 1杯500円、でも脂が凄くてあまり美味しくなかった!

 再び車内でウトウトしていると夢の中でイダコの竿に大きなアタリがあり、『安男アタってる!』と叫んでしまった。 驚いて竿を見に行くイダコ。 私は今自分が叫んだことが現実なのか夢なのか解らない状況。 でも一応外に出て竿をチェックすると、小型だがマコガレイが釣れていた。 22cmである。 とりあえず本命GET出来てホッとする。
 イダコの竿はエサも残ったままの状況。 ごめんなさい!やはり夢でしたね。

 暫くしてから、イダコが糸がふけていると言って外にでた。 出るとふけていた竿のアラームが鳴っている。 期待を込めて上げてみると、私と同じサイズのマコガレイが釣れていた。 イダコも本命GET! 良かったねえ〜!

 明るくなると、エサは無くなるが何も釣れなくなって来た。
 たまに釣れるのはメゴチ、テカミ、新子セイゴのみ。 最後に釣ったのはメゴチだったが、これが26cmとでかかった。

 午前10時に納竿とする。
小型ながら本命のマコガレイをGET 22cm
セイゴ 32cm
イダコが釣ったマコガレイ 22cm メゴチ 26cmはでかい!
何やら奇妙な物体が釣鈎に引っ掛かって上がって来た・・・ウミサボテン 二人の釣果 セイゴの新子はおまけ