三重県鳥羽市 海香イカダ釣行

釣り日 2010年10月23日 6:00 〜 15:00 (9時間)
潮データ
釣り場所 三重県鳥羽市 海香イカダ
オキアミ、シラサエビ、オヤジ(投げ釣り イシゴカイ)
釣果
ださぼう
チビメバル、ハゼ、ヒイラギ 数匹  . 
イダコ
チンタ    .  16cm  1枚
メッキアジ   .  24cm  1枚
セイゴ   .  20cm  3匹
チビメバル、チビカサゴ、他 数匹
オヤジ
シロギス 18cm 3匹
ヒイラギ、アイゴ、他


 午前2時過ぎに現地到着。
 着いてビックリ! すでに駐車場が満車状態である。 これは相当人が居るようだ。 一旦荷物を降ろしてから別の駐車場へ移動する。 荷物を船に積み込もうとしたら、すでに船の上もビッシリと荷物が積んである。 こんな事は初めてだ。 少しだけ開いたスペースに強引に荷物を載せて、車へ戻り、朝まで仮眠を取る。
 しかし・・・オヤジのイビキが凄くて、何度も目を覚ます。

 午前5時に起床。 まだ時間は早かったが、眠れないので起き出して桟橋へ行くと・・・これまたスゴイ人だ。 どうなっってんだ?
 
 私は知らないが、どうもTVにも出ている有名人が居るらしい。

 さて、いよいよ出船だ。 いつもの船頭ではない人が船を操り、誰をどこに降ろすのか迷っている。 私たちもなぜか小さなイカダに6人降ろされた。 でも別の3人は間違えて降ろされたらしい、後で別のイカダに移って行った。 でも常連の方が移動した後のイカダって・・・。

 そんなわけで最初に構えた座で必死で団子を落としたのに、すぐに座を変えることになった。 もうこれがケチの付き始めだろう。 魚を寄せなければならない大事な時間に、しかも貴重な団子をムダにしてしまったのだ。

 さて、釣り開始。 何だか小さな赤ちゃんメバルが釣れる。 ハゼが釣れた。 後は・・・エサが無くならない。
 それでも朝方はそれなりにエサ取りのアタリがあったが、徐々にエサも無くならない状態になって行った。 
 胴付き3本仕掛けのオヤジが立て続けにアイゴをGETしている。 でもサイズはイマイチ!
 その後、オヤジもアタリが無くなり、投げ釣りに変えた。 投げ釣りにはたまにシロギスが釣れて来るが、メインはヒイラギばかりのようだ。 私も投げ釣りをやってみたが、根掛かりが多く、投げ釣りをする場所じゃあないようだ。

 そんな状況が延々続き、全く良い状況になるような気がしない。 
 イダコが小さなチンタを1枚釣ったので、ちょっと頑張るが、後が続かない。 水面下2mでセイゴをイダコが3匹釣った。 メッキアジを釣った。
 でも私は小物以外完全ボウズだった。
 午後3時納竿とする。 全くダメダメ日であった。 秋のシーズンにこれほどダメだったことは今までに経験がないくらいダメダメ釣行でした。
船の上から桟橋まで荷物と人で溢れている
イダコの釣果 セイゴはリリース
オヤジの釣果 シロギスのみ持ち帰り チンタとメッキアジの塩焼き