三重県南伊勢町 神前浦イカダ釣行

釣り日 2011年1月29日 7:00 〜 17:00 (10時間)
潮データ
釣り場所 三重県南伊勢町 神前浦イカダ
生きアジ、ボケ、オキアミ、イシゴカイ
釣果
ださぼう
 シロギス  20cm前後     3匹
マアジ  25cm  1匹
ヒメジ、トラギス、ハゼ、ハオコゼ、他
Y氏
イトヨリダイ   38cm    1匹
マアジ  25cm前後  3匹
ヒメジ、トラギス、ハオコゼ、他


 午前6時頃大内山ICを降りて、『エサ吉』で魚のエサを、隣のコンビ二で人間のエサを購入する。
 そこから約30分ほどで目的の神前浦の渡船場に到着する。 荷物を降ろして、着替えなどをしていると、船が迎えに来た。

 イカダは釣り専用イカダではなく、養殖イカダの端に板が貼られているだけのスペースだった。 凄く狭いウペースで、椅子を置いたらいっぱいになってしまい、ちょっとズレルと海に落ちそうになった。 これでは椅子は使えないなあ。

 早速支度をする。 先日買ったばかりの磯竿にヒラメ仕掛けをセットして、生きアジを付けて投入する。 アジが元気に泳ぐので、竿先が海面に刺さることもあり、アタリ!?と勘違いしてしまう。

 次にイカダ仕掛けをセットして、ボケを付けて投入する。 水深35mという深さのイカダは初体験であり、団子の固さもわからないし、団子無しでは中々底まで行かないし、水深があると結構いろんなことが難しい!
 ボケは全く元気で何度手返しをしても、ボケは元気でそのまま帰って来る。 水温が冷たくて、魚の活性が無い。 全く釣れる気配がしない。

 投げ仕掛けをセットして投げてみる。
 すぐに小さいアタリがあって、『ヒメジ』が釣れた。 これ初めて釣る魚でした。 次に『トラギス』が釣れ、さらに『シロギス』が釣れた。
 その後も投げ仕掛けには『マハゼ』やキスなどが時折釣れるが、他はサッパリである。

 午後になり、イカダ竿にエサ取りのアタリが出始めて、ちょっとだけ気合が入るが、これまたオジサンが釣れただけでした。

 ひとつテンヤ仕掛けに冷凍ウタセエビを付けて投げていたY氏が何か大きな魚を釣った。 初めて見る『イトヨリダイ』38cmでした。 スゴイ! ウラヤマシイ!

 夕方前になり、Y氏がカゴを付けて入れていた竿が大きく曲がった。 いかにもアジっぽいアタリだ。 25cmほどのアジが2匹釣れた。 さらに1匹追加した。 私のイカダ竿にもアジが釣れた。
 しかし後が続かず、ジアイは終わってしまった。

 納竿は午後4時半頃。 最後まで粘ったが、ついに生きアジには一度もアタリが無かった。 残念でした。 マトウダイ狙いだったんですけどね!
養殖イカダの端が釣り座
初めて釣ったヒメジ(通称オジサン)
Y氏が釣った イトヨリダイ 38cm 私の釣果の一部