三重県鳥羽市 フェリー岸壁釣行

釣り日 2011年12月17日 4:30 〜 11:00 (6時間半)
潮データ
釣り場所 三重県鳥羽市 フェリー岸壁
本虫、青虫
釣果
ださぼう、イダコ、他3人の釣果
マコガレイ 27cm 1枚
マハゼ 20cm 1匹
ヒトデ大漁、ウミケムシ、ウミサボテン


  鳥羽の『えさきち』で本虫と青虫を買って、目的地へに行ってみたが・・・風が強くて、釣りにならないようだ。 諦めて別の場所へ移動する。
 結局やって来たのは、一昨年も同じように2度訪れたことのあるフェリー岸壁である。 

 釣り開始は午前4時半頃だったかな。 仕掛けをセットして、すぐにアタリがあり、ハゼが釣れた。 嬉しいやら、これで終了という一抹の不安も。

 その後は寒さに負けて、車内からアタリを見る横着な釣りになる。

 暫くして、僕の竿に大きなアタリがあった。 あわてて外に出てチェックするが・・・何も乗っていない。 エサもそのまま残っている。 何でだ?
 再び車内に戻って、すぐにまたアタリがある。 そして今度こそは魚の手応えがあり、上がって来たのは、本命の『マコガレイ』27cmでした。 ホッとする。

 しかし、その後は全くアタリも無くなる。
 隣ではイダコががせっせとヒトデを回収している。 どうやらヒトデ壊滅計画を実践中のようだ。 
 そのイダコのヒットセンサーが鳴ったが、不発! 風が鳴らしたのか?

 隣に地元のおじいさんがやって来た。 のべ竿でウキ釣り、シラサエビに団子を上に付けての紀州釣りである。 頻繁にアタリが出てチンタが釣れている。 15cmほどのチンタである。 さすがに小さすぎるけど、これが数日前までは大漁で、3桁を釣った人も居たらしい。 これ3桁釣ってどうするのか?

 その後全くアタリも無く、ヒトデしか釣れないので、午前11時納竿する。
朝日を浴びて・・・イダコ
釣り開始早々に釣れたマハゼ シラサエビで釣れた23.5cmのシロギス
本命マコガレイはこの1枚のみでした 27cm ウミサボテンが引っ掛かって来た
ヒトデが2連で釣れた ヒトデが大漁でした