三重県鳥羽市 投げ釣行

釣り日 2012年11月10日 1:00 〜 8:30 (7時間半)
潮データ
釣り場所 三重県鳥羽市 投げ釣行
青虫、本虫
釣果
ださぼうの釣果
イシモチ 20〜24cm 2匹
アナゴ、シロギス、セイゴ、メバル、他
イダコの釣果
マコガレイ 22〜24cm 2匹
セイゴ 34cm 1匹
アナゴ、シロギス、メバル、フグ、他


 釣り場に到着して、すぐに支度をして、防寒着を来て
堤防の先端へ。 予想通り風が強いが、この風は明るくなるにつれて弱くなり、夜が明けてから、再び強くなるはずである。 それを信じて釣り開始する。

 イダコとそれぞれ3本竿を出す。 釣り座は前回と同じで僕が左側で、イダコが右側である。 じゃんけんで負けたからね。

 釣り開始後、すぐにイダコのヒットセンサーが鳴る。 竿を見るとしっかりとアタリが出ている。 上がって来たのは『セイゴ 34cm』でした。 これよくあるパターンである。 
 次に私の竿にアタリがあり、小ぶりな『イシモチ』が釣れた。 イダコが小型のアナゴを釣る。 そして、私にはアナゴがダブルで釣れた。 1匹は鉛筆サイズだが、もう1匹はそれなりのサイズでした。
 続けてまた穴子がダブルで釣れた。 そして二匹目のイシモチは少しサイズアップして24cmでした。
 この当たりからアタリが少なくなって来た。 アタリが遠のくと寒さが辛くなってくる。
 午前2時頃から仮眠をすることにした。
 
 午前4時過ぎに目を覚まして、一旦堤防に行く。 餌チェックをするが、私の竿には何も釣れていない。 イダコの竿もダメ!
 ますます風が強くなって来たようだ。 寒いし、まだ暗いので、再び車へ戻る。

 近くのコンビニに行き、熱い飲み物を買って帰り、釣り場の少し手前の民家が少ない場所でまた仮眠を取る。

 午前5時半、薄明るくなって来た頃に目を覚まして、堤防へ戻る。
 竿をチェックするが、私には何も釣れていない。 イダコの竿には・・・なんだか首を振ってゴンゴンする魚が掛かっているらしい。 上がって来たのは『マダイ 30cm』でした。 やったね!
 
 その後、イダコが立て続けに本命の『マコガレイ』22cm、24cmを釣る。 私の方はちびメバルとちびセイゴのみでした。 小型ながら嬉しい本命である。

 午前8時半、風がどんどん強くなってきて、バッカンが飛ばされたりする。 釣りどころではなくなったので納竿とする。

 結局私は本命ボウズでした。
アナゴのダブル
シロギス
本日の1匹目 セイゴ 34cm イダコ        ださぼうの1匹目 イシモチ 20cm
仮眠明けにイダコに釣れた マダイ30cm         マコガレイ 22cm イダコ
マコガレイ 24cm イダコ          二人の釣果(といってもほとんどがイダコです)