三重県鳥羽市 海香カセ釣行

釣り日 2012年12月1日 6:30 〜 17:00 (12時間)
潮データ
釣り場所 三重県鳥羽市 海香カセ釣行
シラサエビ、オキアミ、サナギ、コーン
釣果
ださぼうの釣果
黒鯛 22〜25cm 3匹
アイナメ 37cm 1枚
カワハギ 16〜18cm 2匹
S氏の釣果
チャリコ 18cm前後 3匹


   午前6時半、明るくなってから渡船してもらう。 今日は久しぶりのカセである。
 しかし、驚く程の強風が吹いていて、今日はこれで釣りになるんだろうか心配である。 

 まずは1.5号を錘を付けて落とし込んでみると、あっという間に流されてしまう。 やばいなあ! そのまま竿を置いておいて、他事をしていたら、トラギスが釣れていた。
 流れに合わせて糸を送り込んでいたらアタリが来た。 あわせた瞬間は手応えがあったのだが、巻き始めたら軽くなった。 バレたかと思ったが、ちゃんと乗っていた。 しかも結構な引きで期待したのだが、本命黒鯛ではなく『アイナメ』でした。 計測してみると37cm、自己記録更新である。 ヤッター!v(=^0^=)v

 少しして隣のカセでチヌが上がった。 風と波と流れでほとんど細かなアタリは解らないが餌がなくなるので、何かいるのだろう。 その内向こう合わせのようなアタリで本命『黒鯛』が釣れた。 25cmである。 さすがにこんなアタリなら見逃すことはない。

 隣のカセではまた釣った。 また釣ったと爆釣モードに入っている。 こちらのカセは・・・。 同行のS氏が時々チャリコを釣るくらい。
 私に2匹目の本命チヌが来た。 しかしその後は全く釣れなくなってしまった。 隣のカセはまだ釣れている。 どうなっているのか?

 強風で牡蠣イカダが流されて我々のカセにくっ付いて来た。 釣りにならない、と思ったら、牡蠣イカダ下の黒鯛がアタって来た。 かなり大きいサイズを掛けたのに、牡蠣に絡まれてバレてしまった。 これにはガッカリでした。
 黒鯛らしいアタリがあるが、バラしたり、乗らなかったりで、なぜか焦る。 ようやく3枚目を掛けたところで、船頭が来てイカダを離してしまった。
 それっきり本命らしいアタリが無くなった。 

 そうこうする間も隣のカセではまだ釣れている。

 午後4時納竿する。
 結局本命黒鯛は22〜25cm 3枚のみ。 アイナメの37cmが一番良かった。
 S氏は本命ボウズ。 チャリコばかり釣っていた。

 隣のカセは二人で140枚ほどの釣果だったらしい。 この差は・・・・腕?? 
渡船の桟橋
アイナメ 37cm
牡蠣イカダがくっ付いて・・・        私の釣果 黒鯛22〜25cm3枚