三重県鳥羽市 海香カセ釣行

釣り日 2013年12月8日 6:30 〜 15:00 (12時間)
潮データ
釣り場所 三重県鳥羽市 海香カセ釣行
シラサエビ、オキアミ、サナギ、コーン
釣果
ださぼう・イダコの釣果
カワハギ、ウミタナゴ、カサゴ、トラギス、ハタ類幼魚、等外道のみ


 午前6時半にカセに渡してもらう。 今回はいつものイダコ、S氏、S’氏の4人の釣行である。 2週続けてやって来たのは、前回隣のカセでの爆釣を見せつけられたのが悔しくてリベンジにやって来た。 乗る前にじゃんけんで勝っていたので、入れ食いだったカセに僕とイダコが乗、前回乗ったカセにダブルS氏が乗った。
 風も無く釣りやすく、気合を入れるが、餌取りしか釣れない。 寄せなきゃダメかとアケミを撒いたり、団子を入れたりするが状況は変わらず。

 釣り始めて30分もすると、急に風が吹き始める。 どういうことだよ? その風もどんどん強くなり、結局先週と変わらない。 どころか、お昼すぎにはそれ以上の強風になった。

 肝心の釣りの方も、底だと餌が吸われたり、半分だけ齧り取られたり。 底を切るとウミタナゴが釣れるだけ。 ちょっと引きが良いなあと思うとヒガンフグである。 これはかなりヤバイ!



 向かいのカセで本命が1枚上がったのを見たが、それ以外は釣れている様子も無く、時間だけが過ぎて行く。

 完全防寒したおかげで寒さは我慢出来る程度だったが、とにかく風が強く、途中からは波しぶきがかぶるようになった。 これは釣りどころか恐怖する感じる。
 というわけで、午後3時早上がりすることにした。

 イダコは本命を諦めて、カワハギ仕掛けで小物を釣って楽しんでいる。 オオモンハタ、マハタの赤ちゃんが釣れている。 最後には迎の船が来るギリギリでカワハギを3連チャンで釣っていた。 もったいないが全てリリースした。



というわけで、持ち帰り無しの最低の釣行でした。 同行のダブルS氏も似たような釣果でした。 ガッカリ!