三重県南伊勢町 神前浦イカダ釣行

釣り日 2013年4月13日 6:00 〜 17:00 (11時間)
潮データ
釣り場所 三重県南伊勢町 神前浦養殖小割イカダ釣行
生きアジ、オキアミ、石ゴカイ
釣果
ださぼうの釣果
ネコザメ、ハモ、ダイナンウミヘビ等、外道ばかり 
チョイ投げでシロギス、トラギス等数匹
Y氏釣果
マトウダイ    45cm    1枚


 養殖小割イカダに渡してもらい、早速仕掛けをセットする。 生きアジの泳がせ釣りに2本竿を出して、イカダ釣り用の竿を出して、アジ釣り用に胴付き仕掛けを出してオキアミを付けて入れておく。 最後に投げ仕掛けを出して、ちょっと投げてみたらシロギスが釣れた。



 生きアジ餌の竿が大きく曲がった。 来た! と合わせてみると重い。 重いんだけど、重いだけで魚信が伝わって来ない。 Y氏がヘビだという。 しかし上がって来たのはヘビのような『ハモ』でした。 巨大なハモで料亭でも中々見られないくらいのサイズだ。 でも我々素人に扱える食材ではないので、逃がしてやる。 逃がしてから、写真を撮るのを忘れていた。

 次にイカダ竿にアタリがあり、大きく合わせるとずっしりとした手応え。 これは年無し黒鯛かと思ったが、その後、こちらも重いだけで魚信が伝わって来ない。 これは・・・また長物か? 上がって来たのは『ネコザメ』だった。 釣ってみたいと思っていた子だったので大感激! 写真を撮って逃がしてやった。



 その後何も釣れなくなり、釣れるのは投げ釣りでシロギス、トラギス、ハオコゼ、ウミケムシくらい。 Y氏はシロギスポイントを見つけたようでコンスタントに釣り上げる。 私はボチボチ。

 そして、ついにY氏が釣ってしまった。 本命『マトウダイ』45cmは自己ベストらしい。



 それっきりシロギスも釣れなくなってしまったので、私は昼寝をする。
 
 パッとしない時間が過ぎて、夕方近くになり、私のアジ竿が根掛りしていたので強引に抜いてみたら何か魚が付いているようだ。 でもあまり魚信は強くない。 これまた長物か? と思ったら、正しく長物『ダイナンウミヘビ』でした。 150cmほどのビッグサイズでした。



 納竿の午後5時まで、その後は何も釣れませんでした。