三重県紀北町 引本浦養殖小割イカダ釣行

釣り日 2014年1月11日 7:30 〜 16:30 (9時間)
潮データ
釣り場所 三重県紀北町 引本浦養殖小割イカダ渡船 
活きアジ、石ゴカイ
釣果
ださぼうの釣果
シロギス 18〜20cm 4匹
トラギス 14〜17cm 3匹
イダコの釣果
アオリイカ 胴長22cm 1杯
その他、アオリイカに活きアジを齧られてばかり


  午前6時、仮眠から目を覚ます。 寒い! ごそごそと支度をして午前7時の出船を待つが、船頭が来ない。 イダコが電話をすると、まだ行ってないですか?との回答。 10分遅れで船頭が到着して、養殖小割に渡してもらう。 ちなみに尚栄丸さんの今日の客は我々だけでした。

 

 早速活きアジを付けて仕掛けを落とす。 ヒラメ、マトウダイ狙いの竿を2本出して、マダイ狙いでカゴ付き胴付き仕掛けを出す。 そして暇つぶしのチョイ投げ竿と4本の竿を出してアタリを待つ。
 暫くしてイダコのアジ竿が持って行かれる。 合わせると何も乗らなかった。 たぶんイカではないか。
 チョイ投げ竿に待望のアタリが有り、トラギスが上がって来た。 とりあえず2014年の初釣行はボウズを逃れた。 すぐにシロギスも釣れた。 その後もこのチョイ投げ竿にはシロギス4匹、トラギス3匹が釣れた。
 しかし大物狙いは全くアタリが無い。

 

 少し仮眠をしているとイダコに大声で呼ばれる。 行ってみるとアジを抱いたアオリイカが水面近くまで来ている。 タモを入れてみたが、ジェット噴射で逃げて行ってしまった。

 隣の養殖小割に遠征していたイダコがイカ釣れたよと。 エギで釣れたらしい。 胴長22cmの立派なイカでした。

 

 ヒラメ、マトウダイは全くダメで、アジを泳がせていた仕掛けを上げてみるが、アジ は元気そのもの。 もう一度入れ直したら、すぐに糸が出て行くドラグ音がする。 ドラグを締めると軽くなってしまった。 上げてみたらアジの脳みそ部分だけ齧り取られていた。 アオリイカの仕業である。 別の竿も上げてみたら同じよに脳みそが無くなっていた。 イカは結構居るようだ。
 結局これだけで日没納竿になった。 チョイ投げ竿も午後になると全く何も釣れなくなってしまったし。 持ち帰りはシロギス〜20cm 4匹のみだった。

 イダコはエギで釣ったアオリイカ1杯。
 でも、最後に迎えて来た船頭が養殖鯛を2枚くれた。